タミフルは発症前後で服用できる

タミフルはインフルエンザ治療薬として有名ですが、感染後だけでなく予防にも使用することができます。タミフルを発症前に服用することで症状の悪化を防ぐという効果が期待できます。

インフルエンザでは通学を控えタミフルを飲む時間厳守

タミフルは、毎年冬場になると流行するインフルエンザに感染した場合処方されることの多い抗ウイルス薬です。インフルエンザにかかってしまうと、感染を予防するために、通学や出勤が禁じられています。一般的な風邪と違ってウイルス性の病気であるためこうした処置がとられるのが一般的です。タミフルはインフルエンザの薬として、世界で最初の飲み薬です。また、タミフルは、インフルエンザに感染しないための予防薬として使用することも可能となっています。このように、インフルエンザといえばタミフルといわれるほど有名な薬だといえますが、この薬を服用すると、ごく稀ですが、異常行動が出る場合があるというニュースに取り上げたこともあります。しかし、実際にはこの異常行動がタミフルの副作用なのかははっきりしているわけではありません。タミフルの効果としては、インフルエンザA型、B型に感染した場合、この薬を服用することによって症状の悪化を防ぐことができますし、予防対策として服用することもできます。タイプとしては、カプセルの錠剤タイプと、子供でも飲みやすいドライシロップタイプの2種類が存在します。成人の方でも子供でも用法用量をしっかりと守って10日ほど続けて飲みます。タミフルの効果を最大限に受けるためには薬を飲む時間が大事となります。インフルエンザの症状が現れてから、薬を服用するまでの時間をできるだけ短くすることが重要となります。タミフルの添付文書には症状発生から48時間以内に投与を開始すると書かれており、この時間の間に服用することが非常に大切なポイントといえます。そうすることによって早い段階で回復が早まり快方に向かいますので、正しい知識をしっかりと持ったうえで服用するようにしましょう。