タミフルは発症前後で服用できる

タミフルはインフルエンザ治療薬として有名ですが、感染後だけでなく予防にも使用することができます。タミフルを発症前に服用することで症状の悪化を防ぐという効果が期待できます。

タミフルの添付文書に記載された幻覚という副作用

インフルエンザ治療薬として知られるタミフルですが、添付文書に幻覚等の副作用の恐れの記載があります。実際にタミフルの服用によって幻覚を見、高所より飛び降りて亡くなった方がおられることから、こういった記載があるようです。確かに幻覚を見たという症例があるようですが、果たしてこれがタミフルによる副作用なのか、インフルエンザによって現れたものなのか、どちらであるのかを証明することはできません。それに服用者すべてにこういった症状が現れるわけでなく、ほんの一握りであることから、その人の体質や性格などにも関係している可能性もあります。小児や高齢者が特に危険といわれていますが、これも特にこれといった理由はないようです。しかし、実際に死亡事故が発生していることから、こういった記載をするほか対処法がないのでしょう。
タミフルによる幻覚症状が怖いからといって、医師に処方されたのに飲まない方がおられます。確かにそういった副作用は怖いかもしれませんが、それよりもインフルエンザが重症化して命に関わる方がよほど怖いわけです。そもそも医師は幻覚などの副作用も考慮して、小児や高齢者にはタミフルを出さない傾向にあります。タミフル以外でもインフルエンザを治す薬はいくつかあるので、そちらで代用することも可能だからです。医師が大丈夫と判断をして出された場合、できる限り飲んだ方がいいのです。それでも心配であるなら、医師に処方される前にタミフルはNGという旨を伝えておくといいでしょう。そうすれば医師が無理やりタミフルを出すことはないですし、それ以外のインフルエンザに効く有効な薬を処方してもらえることでしょう。これなら安心して服用できるはずです。