タミフルは発症前後で服用できる

タミフルはインフルエンザ治療薬として有名ですが、感染後だけでなく予防にも使用することができます。タミフルを発症前に服用することで症状の悪化を防ぐという効果が期待できます。

通年でみられるインフル感染と扶養家族のタミフル費用

インフルエンザの感染と言うとどうしても真冬の流行感冒症の見方が強いと言えます。確かに日本では11月から2月と言う真冬にインフルエンザ感染の流行ピークを迎えます。しかしインフルエンザは香港型やB型といった冬に見られるものだけではありません。夏場でも鳥インフルエンザやエボラ出血熱といった感染を見ることができます。そのため通年通してインフルエンザの感染に注意しなければいけないと言えます。こうした感染症対策として一番有効とされるのが、手洗いうがいを徹底させることです。多くの感染症は手を媒介しての接触感染、感染者の唾液の飛沫による飛沫感染と言う感染経路で感染していきます。そのため手指のアルコール消毒や手洗いうがいは感染対策として有効とされています。またインフルエンザの予防接種なども感染症には有効です。最近のインフルエンザの予防接種には様々な型の抗体が含まれていて、通年通してインフルエンザ対策として有効とされています。またリレンザやタミフルと言った本来、インフルエンザの治療薬として用いられる薬を感染予防対策として服用するのも良いでしょう。しかしこの場合は医師の処方箋が必要になるので、医師とよく相談することが大事です。タミフルやリレンザと言う薬はインフルエンザの治療薬で専門的なために、費用が高いように感じます。しかし健康保険適応の治療薬であり、扶養家族も保険適応で処方してもらうことができます。リレンザやタミフルはインターネットで個人輸入でも購入できます。しかし診断を誤ったり、副作用が考えられることもあるので、やはり医師の診察の下でこれらの薬を服用することが大事です。特に持病がある人は医師の診断のもと服用しなければいけません。